レモンと旅日和

40代おひとりさまの、旅と本と和の暮らし

今年も母娘でかんたん梅仕事!

梅シロップ

去年に引き続き、今年も母と実家で梅仕事です。

今年は何を作ろうか?

母と相談の結果、スーパーで見かけたブランデー梅酒に決定!

材料揃えて、梅雨の気配を感じながら母と一緒に梅酒作りをしました。

今年も梅仕事始めます。

 

ちなみに去年の記事はこちら。

 

lemontabi.com

 

時間は有限。親との時間を大切に

ブランデー梅酒

去年は結局作れなかったブランデー梅酒。

今年は果実酒用のブランデーが安くなっていたこともあって、初のブランデー梅酒に挑戦です。

まあ、特に材料は変わらないので、難しいこともないのですが。

母と「楽しいね」と話しながらの梅仕事は、なんだか温かくて、ちょっとくすぐったい。

親はどうしても子供より先にいなくなってしまうので、こういう一緒に何かする時間は大事したいと思っています。

まあ、まだまだ先の話ですが。

「勝手に殺すな」と言われそう(笑)。

あ、父には「飲まないでね」とくぎを刺すのを忘れずに!

 

かんたん!ブランデー梅酒作り

梅仕事

材料:青梅(1000g)、氷砂糖(500g)、果実酒専用のブランデーベースリキュール(アルコール分35%)1.8L

作り方:①水洗いした青梅を一粒ずつ拭き取り、竹串でヘタを取る。②煮沸して乾かした瓶に青梅と氷砂糖を交互に入れて、お酒を入れる。③冷暗所に保存して3か月程度から飲めるようになる。

 今回使った果実酒用のブランデーベースリキュールにはお砂糖が入っているので、氷砂糖は気持ち控えめに。梅酒を作る時は甘さ控えめの方が使いやすいらしい(母情報)。

3か月で飲めるとはいうものの、うちは1年は置こうかと話しています。

なんとなく美味しそうだから。その方が。

ちょいちょい味見ていこうっと。

 

次はひとりで梅酢に挑戦予定

梅酢作り

実家では梅酒だけでいいということなので、今度は青梅を500gだけ買ってきて自分用に梅酢を作りたいなと思います。

お酢はなんでも良いようですが、リンゴ酢がいいかなあとか、考えるのも楽しいこの時間。

母は梅シロップと混同しているようですが、使うお酢の量が全然違うんですね。

梅シロップに使う酢は少量(発酵防止のため)、入れない場合もあります。

私が作りたいのは「梅酢」なので、今回はお酢1瓶使い切ると思います。

出来たら母にも味見てもらおう。

最後に

梅仕事と梅干し

去年に引き続きの梅仕事。

材料費を考えると梅酒買った方が安いのですが、やっぱりこの季節は青梅に惹かれてしまう・・・。手作りの楽しさと美味しさを1度知ってしまうとやめられません。

多分来年も母と「楽しいね」と言いながら梅仕事していそう。

父にお酒を飲まれないようにくぎを刺しながら(笑)。

それとも来年はとうとう、梅干しにチャレンジか?!