レモンと旅日和

40代おひとりさまの、旅と本と和の暮らし

三浦春馬さんの訃報と親友の涙に思うこと

ネットニュースで俳優の三浦春馬さんの訃報を知り、驚きました。

その理由が事故や病気などではなく、「自殺」ということでさらにショックを受けました。

特別ファンというわけではない自分でもそうなのだから、ファンの皆さんの気持ちを考えるとやり切れない思いでいっぱいです。

「自殺」とは自分の意思で死を選択するということ。

ひとは色々な原因を探そうとしますが、真実はご本人しか分かりません。

これまでも有名人の自殺は度々報じられてきましたが、結局本当に何があったかはわからないままのことがほとんどです。

たくさんのファンや仲間、共演者スタッフに恵まれていて、なんでも持っているように見えても、真面目な方ならなおさら、ご本人にしかわからない悩みがあったのかな。

先日、TBSの歌番組で、親友の城田優さんが涙をこらえて熱唱されているシーンを拝見しました。

過去に共演経験もあり、プライベートでもとても仲が良かったとのことを後で知って、涙の理由が分かりました。

自分の命を傷つける行為は、同時にその人を思う大切な人達の心をも傷つける事になると、聞いたことがあります。

三浦春馬さんが死の選択をしたことで、彼を想う彼の大切な人たちの心も深く傷つけてしまいました。

とても真面目で優しい方だったと彼を知る方たちは話します。

そんな優しい人が、城田さんの涙をみて今何を思っているのだろうと、ふと考えてしまいます。

自分を思い、悲しんでいる親友は彼の目にどう映っているのか。

 

私の目には、「三浦春馬」という俳優は全てを持っているように見えました。

男前で高身長、仕事も順調、仲間にも恵まれて・・・。

「こんな風に生まれたら人生楽しいだろうなあ」と知人と話したこともありました。

だけどもしかしたら、ひとりになった時にたくさんの想いが溢れることもあったのかなと、勝手に想像しています。

私たちにはわからないたくさんの想いが。

今は想像しかできません。

もう誰も三浦さんに直接問うことはできないのですから。

 

NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」が好きでした。

JUJUさんとのコンビ、もっと見ていたかった。

 

 心よりご冥福をお祈りいたします。