レモンと旅日和

40代おひとりさまの、旅と本と和の暮らし

【40代】今の自分に似合う服選び

f:id:lemoname:20200504114129j:plain

40代はおしゃれ迷子になりやすいと聞いたことがあります。

20~30代に着ていたものが急に浮いて見えたり、体系や肌の質感に合わなくなったり。

明るい色は若作りに見えて、落ち着いた色は老けて見えるとか。

自分に似合うものがわからなくなることが多い年代なのかなと思います。

もともと服が好きなので、今回は今の自分に似合う服選びについて考えてみたいと思います。

 

服の好みが変わった!?

f:id:lemoname:20200504113933j:plain

 

アラフォーと呼ばれる年代に入ってからだんだん自分の服の好みに変化が見られるようになりました。

20~30代前半までは明るい色合いやアジアン柄等を好んで着ていましたが、気付くと天然素材のシンプルな服が多くなっていました。

年代が上がったことで流行を追うこともなくなり、着心地の良さを重視して服選びをしています。

顔色を明るくしてくれるので今も明るい色は好きですが、年代に合った落ち着きを失わないようコーディネートに気を付けています。

 

40代に似合う服がわからない

f:id:lemoname:20200504113638j:plain



自分の服の好みの変化の理由として、ある日突然それまで着ていた服が似合わなく感じたことがあります。

30代のころから自分の理想とする40代ファッションを色々リサーチしたりもしましたが、今は年齢より若く見える方も多いので、年代だけでくくることはできないなと感じました。

年齢を重ねても自分スタイルを持ってる大人の女性は素敵に見えるので、私もまずは自分を知ることから始めようと思いました。



骨格診断とパーソナルカラー診断

ファッション関連の診断ものが雑誌やサイトでよく見られます。

無料で簡単にチェックできるので自分の系統を知るきっかけとして、こういうのをやってみるのもおすすめです。

なかでも骨格診断とパーソナルカラー診断は、詳しいコーディネートやメイク法などの本もたくさん出ているので参考になります。

 

f:id:lemoname:20200504115209j:plain


・骨格診断

 

骨格診断では、持って生まれた身体の質感やラインの特徴から、自分自身の体型を最もきれいに見せるデザインと素材を知ることができます。

太っている、痩せている、年齢、身長などは関係ありません。

どんな人でも自分に似合うデザインと素材を知ることができ、ファッションでその人の魅力を引き出すことができるのです。

 

骨格診断アナリスト協会HPより

 

骨格診断は骨格の特徴から「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3タイプに分かれています。

骨格が変わることはないので、年齢を重ねても体系が変わってもこのタイプは変わりません。

骨格のタイプを知ることで、自分に似合う服を知ることができるのです。

似合うものがわかれば今後の服選びに自信が持てそうです。

 

f:id:lemoname:20200504113714j:plain

・パーソナルカラー診断

パーソナルカラーとは、持って生まれたボディーカラー(肌の色、瞳の色、髪の色など)を元に個人(Personal)に似合う色(Color)を診断する手法です

 

ICBHPより

 

人は外見や性格が異なるように似合う色も千差万別。

パーソナルカラーは診断の結果により「スプリング、サマー、オータム、ウィンター」の基本の4つの季節に分かれます。

好きな色が必ずしも自分に似合うとは限りません。

パーソナルカラーを知れば、顔周りのメイクやヘアカラー、アクセサリーから全体のファッションスタイルまで本当の自分らしさを引き立たせてくれます。

 

骨格診断やカラー診断などは本格的にやるのであれば、少々高額になりますが、プロにお願いするのが一番です。受けたことのある知人の話だと、自己診断より正確に細やかなアドバイスがもらえるようです。

私もいつかプロに見てもらいたいなあと思います。

 

最後に

f:id:lemoname:20200504114051j:plain

 

肌のハリや肉体の衰えとともに似合う色味や形が変わってくるので、服を購入するときの試着はやはり必須ですね。

今の時代はアラフォー以上の大人向けのファッション誌やアドバイス本など参考になるものも多いので、楽しみながら勉強できて嬉しいです。

若いころ似合っていたものが似合わなくなるのは切ないですが、今だから似合うものもきっとあると思うので、これからもあきらめずおしゃれを楽しみたいと思います。